1. ホーム
  2. 一括査定サービス
  3. ≫不動産一括査定サービスを利用する2つのデメリットと3つのメリット

不動産一括査定サービスを利用する2つのデメリットと3つのメリット

一括不動産査定サービスってどんなサービスなのですか?高く売れるなら利用してみたいと思っているのですが。。。


一括不動産査定サービスは字のごとく、1つの手続きで一括して複数の不動産仲介業者から査定を取ることができるサービスです。一括査定は、各事業者において競争原理が働きますので、結果として売却価格がアップする可能性が高くなります。


入札と同じ原理ですね。じゃあ、早速利用してみよう!


ちょっと待ってください。一括査定サービスはたくさんのメリットがある反面、デメリットも存在します。少しでも高く売却するために一括査定サービスを利用することは間違いありませんが、利用する前にデメリットを理解しておくことは重要なことです。


デメリットを理解して、一括査定を利用しよう!

今マンションを売却しようと検討している方の多くが、この一括査定サービスを利用しています。一括査定サービスは手間が掛からなかったり、色々な種類の不動産会社に出会えたりとメリットが多いです。

しかし、多少のデメリットがある事も事実です。そのデメリットを把握しつつ活用すると、尚更一括査定サービスを利用する価値が生まれます。少しでも高くマンションを売却したいなら、必ず利用すべきサービスと言えるでしょう。

一括査定サービスとは?

8-1

一括査定サービスとは、一度マンション情報を入力すれば複数の不動産会社に査定依頼ができるサービスの事です。基本的な流れは以下のようになります。

  1. 一括査定サービスを運用しているサイトへ遷移
  2. マンション情報(住所や広さ、築年数や構造など)を入力
  3. 個人情報(連絡先など)を入力
  4. 査定してもらう不動産会社をピックアップ
  5. 1~2営業日程度で査定金額が提示される

上記のような流れになります。マンション情報に関しては、広さや築年数などが正確に分からなければ、おおよその数字で問題ありません。

情報を入力した後は、査定される不動産会社が一覧で出てきます。その不動産会社の詳細を確認することも出来ますので、自分のマンションに合った不動産会社を選ぶことも可能です。

また、各情報を入力する作業は5分も掛かりませんので、非常にスピーディに行う事ができます。そして、査定金額は、どこの不動産会社も1~2営業日でメールや電話で提示されます。

査定依頼をする際、備考欄に査定金額の提示方法を指定しておけば、その通りの方法で提示されます。

一括査定サービスのデメリットとは?

8-2

便利に見える一括査定サービスも以下のように2つのデメリットがあります。

  1. 個人情報を教えるので不動産会社からの連絡が多く入る
  2. 稀に適当な査定額を提示する不動産会社がある

この点を踏まえた上で一括査定サービスを利用すると、より一層活用できます。

不動産会社からの連絡

一括査定サービスは、査定額の提示を受けなければいけないので、メールアドレスや電話番号を入力します。そのため、不動産会社からの売却促進メールや電話などの連絡が、ひんぱんに来る場合があります。

不動産会社もせっかく得た個人情報ですので、自分達の情報を出来るだけ発信することが多いです。

例えば、売却促進メールだけでなく、今売り出しているマンションの情報なども送ってくる事があります。更には、定期的に発信される新商品の情報や、会社で催すイベント情報(税務相談会)など、その情報の幅は広いです。

もし、そのような売却促進メールが不要であれば、これも査定時の備考欄にその旨を入力しておきましょう。

適当な査定額

一括査定サービスを利用して査定依頼をすると、不動産会社側には「一括査定サービスを経由しての依頼」という事が分かります。つまり、自分達の会社だけでなく、いくつかの会社に査定依頼している事が分かるという事です。

特に、一括査定サービスを利用する場合には「とりあえず査定しよう」と興味本位で査定する方も多いです。そのため、一括査定サービスからの査定依頼だと、訪問査定や媒介契約などの次のステップに進めない場合も多いのです。

そのため、稀に「次につながる可能性が低い」と見切り、適当な査定額を提示する不動産会社もあります。ただし、このような不動産会社は「稀」であるので、複数社に査定依頼を出しておけば大きな問題はありません。

一括査定サービスのメリットとは?

8-3

一方、一括査定サービスを利用する事のメリットは以下の通りです。

  1. 一括で査定依頼できるので手間がかからない
  2. 同時期に査定結果を知ることができる
  3. いろいろな種類の不動産会社に査定依頼が出来る

手間がかからない

査定依頼をする方法は、「直接店舗で査定依頼をする」、「メールで査定依頼をする」、「電話で査定依頼をする」というような方法があります。これらに共通しているデメリットは、毎回同じことを伝える必要があり、面倒であるという点です。

例えば4社に査定依頼する時でも、マンション情報や個人情報などは、4社全てに同じことを言わなければいけません。特に、店舗へ行き直接査定依頼する時には、マンション情報の紹介などがあり、場合によっては1時間程度時間が取られてしまいます。

店舗へ行けばその分情報も手厚いですが、店舗で得られる情報は一括査定サービスを利用しても得られます。一括査定サービスは、一度マンション情報と個人情報を入力すれば、その情報が各社にいきます。そのため、手間がかからないという大きなメリットがあるのです。

同時期に結果を知れる

不動産を売却する経験は早々あるものではありません。そのため、相場価格などは全く分からないですし、いくらで売り出しをすれば良いかも分かりません。そのため、複数の会社から査定結果を聞き、色々と比較しなければいけないのです。

不動産会社が査定をする時に指標とする不動産情報は、どの会社もほぼ一緒です。しかし、不動産会社によって査定結果が異なります。その理由は以下の通りです。

  1. 不動産会社によってエリア的なノウハウが違う
  2. 不動産会社によって成約実績が違う
  3. 不動産会社によって室内補正が入る

この点を、一括査定サービスを利用して「比較」することによって優良不動産を見極められるのです。

不動産会社によってエリア的なノウハウが違う

不動産はエリアによって価格帯も異なりますし、ターゲット層も異なります。そのため、不動産会社も〇〇エリアは得意だが××エリアは苦手という、エリアによる得手不得手があるのです。得手不得手があるからこそ、複数社に査定依頼する意味も生まれてきます。

極端な話、6社査定をしたウチの1社でも「得意エリア」であれば良いのです。仮に1社しか査定依頼をせずに、その不動産会社が「苦手なエリア」であれば、売却価格は低くなってしまいます。

不動産会社によって成約実績が違う

前項のエリア的な得手不得手にも繋がってきますが、不動産会社によって成約事例が異なります。仮に、自分のマンションと同じエリアで最近成約事例があれば、有望顧客を抱えているかもしれません。また、営業トークや営業ツールが充実している可能性が高いです。

そのため、成約実績の違いがそのまま査定額に反映されるので、各社が異なる査定額になるのです。ここにも、一括査定サービスを利用して同時期に複数社を比較する意味があるのです。

不動産会社によって室内補正が入る

不動産会社によって室内環境の評価が違います。例えば「目の前に建物がある」「思っていたよりも汚れている」いうような悪い評価も、その会社の営業マンがどう判断するかによります。逆に、「比較的綺麗である」「開放感がある」という良い評価も一律ではありません。

そのため、一括査定サービスで複数の会社を比較する事によって、どの不動産会社の営業マンの言っている事が正しいかを判断できるのです。

いろいろな種類の不動産会社

不動産会社には「大手不動産会社」「地元密着型不動産会社」「新興不動産会社」など、たくさんの種類の不動産会社があります。それらの不動産会社には、それぞれに以下のような特徴があります。

大手不動産会社

店舗数が多く、ネットワークが広いので顧客情報が豊富にあります。ネームバリューもあるので、広域に訴求できるエリアの物件などは、たくさん集客する事ができます。

地元密着型不動産会社

地元に根付いている会社なので、地元の大地主や高齢者との繋がりが強いです。完全にターゲットが地元民である場合には、地元密着会社でしか知り得ない層へのアプローチが有効かもしれません。

新興不動産会社

例えばSNSで広くマンションを告知したり、新興不動産同時のネットワークを駆使したりと、独自の手法を持っています。若年層をターゲットに出来るマンションであれば有効的かもしれません。

一括査定サービスを利用すれば、色々な種類の不動産会社に査定依頼ができます。そのため、上記のような特徴を捉え、自分の売却しようとしているマンションと合致する種類の会社を選ぶ必要があります。

まとめ

このように一括査定サービスは、結論としてはメリットの方が圧倒的に多いです。事実、一括不動産査定サイトを見てみると、数百万人の人が利用している事もザラにあります。特に、不動産の事を全然知らない方であればあるほど効果は大きいです。

なぜなら、複数の会社に同時期に査定結果を聞く事で、不動産の知識がどんどん溜まっていくからです。不動産の知識が溜まっていけば、それだけ「良い不動産会社」の見極めがしやすくなります。

不動産会社によって売却金額100万円以上違うこともあるので、不動産会社選びは慎重に行いましょう。

【完全無料】中古マンション一括査定サイト人気ランキング

  1. HOME4U
    %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-04-22-29-27

    不動産査定比較サイトの中では、最も知名度がある「HOME4U」は、実績豊富なNTTDATAが提供する不動産一括査定サイト。最大6社から一括見積もりができるので、相場以上の売却先が見つかる可能性が高いです。

  2. スマイスター
    %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-04-22-36-11

    スマイスターは800社の登録業社の中から、ベストな不動産屋を自動的に選択して査定額を提示してくれるサービス。入力項目が少なく約45秒で登録できるので、ユーザー満足度も高く、人気のサービスです。

  3. イエイ
    イエイ

    1000社以上の登録業社の中から最適な業者を選んでくれる大手比較サイト「イエイ」取引実績も年々増加しており、安心感があります!

お役に立てばシェアしてくださいね。


コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。